スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ふくせん、11月に一般社団法人に改組(医療介護CBニュース)

 全国福祉用具専門相談員協会(ふくせん)は11月、任意団体から一般社団法人に組織体制を変更する。法人化で信用力を高めて事業を拡大する狙い。6月15日に東京都内で開催した今年度の定期総会で決めた。

 法人化に伴う山下一平会長(ヤマシタコーポレーション社長)ら役員体制、「福祉用具貸与サービスの専門職としての職業倫理の確立と法令順守の推進」など事業内容に変更はない。11月1日に設立総会を開く。

 任意団体であることによる活動の制約があったり、逆に行政からの委託事業の受注が増えたりしたため、早期に法人化する必要があると判断した。

■年度末に「研修ポイントシステム」開始

 総会では、福祉用具サービスの質の向上を目指す「福祉用具個別援助計画書」と「モニタリングシート・試行版」の改良などから成る今年度の事業計画を決定した。

 事業計画には、新たに「研修認定評価ポイントシステム」を開始することも盛り込んだ。同システムは、福祉用具専門相談員が受講した研修の内容を数値化してインターネット上に公表する仕組みで、ケアマネジャーや利用者が専門相談員を選ぶ1つの目安になる。秋までにポイント付与の仕組みをまとめ、年度末をめどに全国の関連教育機関などと連携して開始する。

■「質の伴うサービスで競争を」

 また、来年の通常国会で議論される介護保険法改正への提言を8月にもまとめ、国会議員や政府に提出する。具体的な内容については今後詰めるが、山下会長は「価格だけでなく、質の伴うバランスの良いサービスで事業者が競争できる環境を提案したい」としている。


【関連記事】
福祉用具相談員の実力テスト、11月に7都市で実施
3月に初の福祉用具専門相談員の実力テスト
福祉用具レンタル、9割がリピーター
介護保険貸与品目に認定後、昨年に3件の事故―可搬型階段昇降機
福祉用具の利用者の声を収集―テクノエイド協がサイト開設

橋下知事「選挙で戦って、政治的に動かす」(産経新聞)
参院選沖縄選挙区、民主が公認候補の擁立断念(読売新聞)
海賊対処部隊の自衛官死亡=外傷なし、艦内トイレで倒れる(時事通信)
スイッチOTC候補19成分を公表―厚労省(医療介護CBニュース)
介護、医療を柱に雇用創出 菅首相の経済政策見えてきた(J-CASTニュース)

<高校生死亡>暴行か 傷害容疑で少年逮捕 福岡(毎日新聞)

 福岡市城南区鳥飼7の集合住宅で、頭をけがした男子高校生(16)が自宅の布団の上で死亡した事件があり、福岡県警早良署は1日、高校生の顔面を殴ってけがをさせたとして同区の配管工の少年(19)を傷害容疑で逮捕した。高校生は殴られた後、死亡しており、同署は傷害致死容疑での立件も念頭に捜査する。

 逮捕容疑は5月30日午後10時ごろ、城南区のコンビニエンスストア駐車場で、高校生の顔を数発殴り転倒させ、顔をけってけがをさせたとしている。少年は「仲間はずれにされて腹が立った。反省している」と容疑を認めているという。

 関係者によると男子高校生は5月31日未明に帰宅。頭部を負傷していたが、母親にはけがを「転んだ」と説明していた。同日午後2時50分ごろ、自室の布団の上にうつぶせの状態で倒れているのを母親に発見された。

民主代表選 樽床氏と菅氏が立候補届け出(毎日新聞)
島根原発 運転差し止め訴訟棄却 原告勝訴、過去に2例(産経新聞)
柔道女子高生、技あり 明石・強盗未遂 男の携帯番号聞き出す(産経新聞)
菅氏出馬会見は午後7時に(産経新聞)
交通切符560枚盗まれる…違反者の情報記載(読売新聞)

<シデコブシ>岐阜「恵那テクノパーク」 自生地避けて造成(毎日新聞)

 岐阜県恵那市の工業団地「恵那テクノパーク」建設の第2期工事で、現地に自生していた東海地方固有の植物「シデコブシ」を別の場所に移植したところ、半数以上が枯れてしまったことが分かった。このため市は第3期工事にあたって方針を転換。移植せず、シデコブシの自生地を避けて造成を進めている。【福島祥】

 地元の市民団体「恵那シデコブシ保存会」によると、第2期工事に伴い、91〜93年に計466本のシデコブシが市内の小中学校など15カ所に移植された。

 しかし97年2月、同会の調査で74本の枯死が判明。さらに同年4〜9月にも調べたところ、さらに52本が枯れていたという。その後も枯れる木が増え、恵那市は移植されたシデコブシの現状について「サンプリング検査の結果、4割程度が残っているようだ」と説明。半数以上は枯死したとみられる。

 恵那市商工観光課によると、第3期工事はシデコブシ自生地の造成を避ける方針で検討を進め、県土地開発公社が造成予定地の環境調査をした。その結果、予定地に少なくとも133本が自生していることが分かり、すべてを保護するように設計して09年2月に着工した。工事は今年6月ごろまでに終わる見通しだ。

 同課は「第2期施工当時は専門家の意見も聞いて『移植可能』と判断した。結果的に枯れてしまった木があったのは残念だ。第3期工事はそのような結果を招いてはいけないという判断で、移植せず、自生地を避けて工事をしている」と話す。

 保存会相談役の市川広利さん(84)は「当時は『移植して守りました』という判断だったのだろうが、移植しただけでは守ったことにはならない。多くの木が枯れた第2期工事の結果で移植はだめだということが証明された」と指摘。第3期工事で自生地を避けたことを「シデコブシを守るためには最善の方法だ」と評価している。

 ◇ことば・シデコブシ

 愛知・岐阜・三重3県の一部にだけ自生する日本固有のモクレン科の植物。「生きた化石」とも言われる。3〜4月ごろ、白や薄紅色の花を咲かせる。環境省は準絶滅危惧(きぐ)種に指定している。

【関連ニュース】
<写真特集>サンゴ礁:世界で3分の1がピンチ
<写真特集>シロクマ:写真家、丹葉さんが見た絶滅の危機
<写真特集>絶滅危惧種の動物も 毎日動物園
<写真特集>美しい花々や貴重な植物はこちら 毎日植物園
<関連記事>絶滅危惧種 どうやって認定する?

連立離脱は時期尚早=社民・阿部氏(時事通信)
「頑張った」「罷免当然」遊説の福島氏に静岡市民(読売新聞)
口蹄疫 「かごしま黒豚」20頭が宮崎県境から避難(毎日新聞)
示談を考慮、裁判員裁判控訴審で初の1審破棄(読売新聞)
<日中韓首脳会談>3カ国の若手演奏家が三重奏披露へ(毎日新聞)

「超重症児」の介護家族、体調不良7割(医療介護CBニュース)

 「超重症児」を在宅で介護している家族は、介護の負担などから73%が体調不良を訴えていることが、厚生労働省の研究班の調査で分かった。研究班は「介護が困難な例が増加すると予想できるため、新しい入所のシステムやネットワーク体制の構築が必要」と提言している。

 調査は東京都多摩市の超重症児と準超重症児196人の介護者を対象にアンケート調査を実施、小児科の医師らでつくる厚生労働省の研究班が集計・分析した。

 それによると、介護者の84%は超重症児の母親だった。介護者の平均年齢は47歳で、76%が介護の負担を感じていた。体調不良を訴える介護者の主な病状は腰痛(42%)、生活習慣病(17%)、関節痛(17%)、その他(24%)で、半数以上がその病気で通院していた。介護者の睡眠時間は5時間(24%)が最も多く、6時間(20%)、4.5時間(13%)、5.5時間(10%)、4時間(10%)、3.5時間(7%)、7時間(6%)の順。平均睡眠時間は5.2時間だった。

 サービスを利用している人のうち、需要が高いサービスは、市と民間の訪問看護ステーション(41%)、ヘルパー制度(30%)、都の訪問看護事業(18%)、ボランティア(4%)だった。一方、33%が何のサービスも受けていなかった。

 短期入所制度については、79%が利用経験がある一方、64%は必要な時に利用できないという経験があった。

 今後については、55%が「短期入所制度を利用しながら在宅介護を継続したい」とする一方で、16%が「施設に預けたい」と回答した。また、介護者は介護が可能な自身の年齢を平均で63歳と考えており、7割以上の人が今後介護できる期間を20年以内と考えていた。

 調査報告書では、超重症児を介護する家族の負荷が大きいことから、▽超重症児のさらなる重症化に伴う長期入院体制の強化▽緊急入院先の確保▽相談窓口の整備―などが必要としている。


【関連記事】
「民主党政権に失望」―障害者法違憲訴訟団
障がい者総合福祉部会が55人体制で初会合、6月に緊急対策案
初の省庁会合、議論が平行線にも―障がい者制度改革会議
「首相中心」に不安、「検討」ばかり…―厚労省と自立支援法訴訟団が初の定期協議
「引きこもり」「在日」にも障害者福祉は必要―12団体が新制度へ要望

修正、現行アセス範囲内で=米側が要求―普天間移設(時事通信)
味の素社員に課徴金39万円=審判でインサイダー認定−金融庁
室生寺金堂、内陣まで特別公開…仏像群を間近に(読売新聞)
ブラジルに「平和資料館」…長崎の被爆者ら(読売新聞)
<小沢氏>特捜再聴取 元秘書らの供述確認中心に50問(毎日新聞)

<乳児虐待>布団に投げつける…容疑の父を逮捕 和歌山県警(毎日新聞)

 生後9カ月の長男を布団に投げつけるなどしたとして、和歌山県警田辺署は9日、住所不定、無職、岡本拓郎容疑者(21)を暴行容疑で逮捕した。

 同署によると、長男は頭部打撲の軽傷で、傷害容疑に切り替えて送検する方針。「抱いて布団に置いただけ」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は、同日午後2時ごろ、同県田辺市の岡本容疑者の親類宅で、泣きやまない長男をつかみ上げ、1階居間の布団に複数回投げつけるなどの暴行を加えたとしている。

 暴行を見た岡本容疑者の妻(19)が通報した。岡本容疑者は妻、長男の3人で大阪府内に住んでいたが、今月2日から親類宅に滞在していた。【岸本桂司】

【関連ニュース】
乳児虐待:長女の足にアイロン 22歳の両親逮捕…福島
江戸川男児虐待死:学校側、児相などに通告せず…中間報告
乳児虐待:壁に頭打ち付け重傷 22歳父逮捕 茨城
虐待:6歳の男の子が脳内出血で重体 義父を逮捕 三重
虐待:5カ月の長女を壁にぶつける 母親逮捕 愛知・常滑

<野口聡一さん>「宇宙授業」ISSから(毎日新聞)
郵便不正 「凜の会」発起人に有罪判決 大阪地裁(毎日新聞)
<石綿>ヤンマー製コンバインの部品に含有 無償交換へ(毎日新聞)
平野官房長官 鹿児島へ 徳之島の町議と12日午後面会(毎日新聞)
「鳴き声が好き」「妻を亡くしさみしくて」 大阪府警が野鳥違法飼育の男摘発(産経新聞)

白血病ウイルス検査、妊婦に推奨へ=指針改定、公費負担目指す−日産婦学会(時事通信)

 日本産科婦人科学会が成人T細胞白血病(ATL)の原因ウイルス(HTLV−1)検査をすべての妊婦が受けられるよう推奨する方向でガイドラインの改定を検討していることが27日、分かった。母子感染を防ぐのが目的で、2011年度からの検査費の公費負担を目指すとしている。
 HTLV−1は主に母乳で感染し、潜伏期間は数十年。感染者が発症する確率は5%程度だが、発症すれば治療は困難でほぼ死亡する。このため、母子感染予防が最善の対策とされる。
 斎藤滋富山大産婦人科教授によると、妊婦へのHTLV−1検査の実施率は87.8%で、100%近いHIVやB型肝炎などと比べ低い。現在のガイドラインでは、実施が考慮されるが必ずしも推奨されない推奨度「C」とされており、これを実施が推奨される「B」に引き上げる。
 7月の会合で合意を得た上で一般会員の意見を募り、来年4月に改定したいとしている。
 現在、HIVなど推奨度B以上の検査は、公費負担となっている。 

公務員2割削減を堅持 民主研究会「公務員庁」新設も浮上(産経新聞)
中学校のガラス180枚割られる=埼玉(時事通信)
ロバート・ダウニー・Jr、アルフォンソ・キュアロン監督のSF映画へ出演か?
「天使突抜」って何て読む? 秀吉が由来のユニーク地名(産経新聞)
殺人時効撤廃 「報われる」「苦しみ続く」 遺族ら思い複雑(産経新聞)

<科学ジャーナリスト賞>青野由利・毎日新聞論説委員が受賞(毎日新聞)

 日本科学技術ジャーナリスト会議(武部俊一会長)は21日、今年の科学ジャーナリスト大賞に、NHKの井手真也・チーフプロデューサーと植松秀樹・プログラムディレクターの2氏を選んだ。数学史上最大の難問に生涯をささげる数学者を描いた番組「素数の魔力に囚(とら)われた人々〜リーマン予想・天才たちの150年の闘い」が評価された。

 準大賞にあたる科学ジャーナリスト賞には、書籍「インフルエンザは征圧できるのか」を著した青野由利・毎日新聞論説委員ら4氏が選ばれた。授賞式は5月18日。

 同賞は06年創設。科学に関する優れた新聞記事や番組、著作、ウェブ作品などに贈られる。他のジャーナリスト賞受賞者は次の通り。

 佐藤健太郎・東京大広報担当特任助教(書籍「医薬品クライシス」)▽歌人の松村由利子さん(書籍「31文字のなかの科学」)▽医学博士・外岡立人氏(「鳥及び新型インフルエンザ海外直近情報」のウェブでの発信)

【関連ニュース】
毎日デザイン賞:表彰式 写真家の藤井保さんに賞状と賞牌
毎日新聞移動支局:祭りと共に開設 足立・舎人公園
坂田記念賞:毎日新聞大阪本社編集局取材班など表彰
毎日新聞社:大阪、西部本社などもISO取得
訃報:石井幸夫さん71歳=毎日新聞懇話会最高顧問

始皇帝も驚く“日本のハリウッド” 恐るべし!!太秦(産経新聞)
<共産党>志位氏が訪米へ 委員長で初(毎日新聞)
報国寺 青竹色、雨にぬれ 神奈川・鎌倉(毎日新聞)
偽2000円札5枚両替、73歳無職男を送検(読売新聞)
温暖化基本法案が審議入り=温室ガス20年までに25%削減−衆院(時事通信)

女子中学生にも性的暴行容疑=英会話教室の米国人再逮捕−福岡県警(時事通信)

 福岡県内で英会話教室を経営する米国人男が教え子の女児に性的暴行を加えたとされる事件で、女子中学生にも暴行した疑いが強まったとして、県警少年課などは14日、婦女暴行と児童福祉法(淫行=いんこう=)違反容疑で、ランプ・アラン・ニール容疑者(70)を再逮捕した。同課によると、「指導として行った」と容疑を一部否認している。
 逮捕容疑は数年前、自宅で2回にわたり、教え子の女子中学生に暴行した疑い。 

【関連ニュース】
「性教育の一環」と親から承諾書=女児暴行容疑の米国人男
女子中生に売春させる=容疑で「援デリ」業者逮捕
女児ら数十人に性的暴行か=英会話教室経営の米国人逮捕
元実習助手を児福法違反で逮捕=高校生にみだらな行為
「少女エステ」従業員ら逮捕=児童福祉法違反容疑

<水死>75歳男性、揖斐川で投網漁中 岐阜(毎日新聞)
両陛下、宝塚歌劇を鑑賞(時事通信)
また幼児虐待?大阪・堺で男児死亡…顔に打撲跡(読売新聞)
移設先「サイパン、テニアン検討を」社民(読売新聞)
すごかった花見客!豊臣秀吉も愛した一目千本の吉野桜(産経新聞)

福岡の鴻臚館史料一部焼く…放火の可能性(読売新聞)

 15日午後7時35分頃、福岡市中央区城内の鴻臚館(こうろかん)跡調査事務所から出火、プレハブ平屋の事務所約125平方メートルの一部を焼いた。普段は火の気がないことから、福岡県警中央署は放火の可能性もあるとみて調べている。

 同署の発表などによると、散歩中の女性が煙に気づいて119番。約45分後に消し止められたが、史料の一部が燃えた。事務所には出土した土器や陶磁器、調査用の図面、出土品の写真など約500箱分を置いていた。国や市の指定文化財などはなかったという。

 鴻臚館は古代の迎賓館で、市教委が発掘調査を進めている。この日は調査員ら5人が勤務。午後5時40分頃に事務所を出ており、出火当時は無人だった。

 14日午前には、事務所の西約500メートルにある市指定文化財「名島門」の扉の一部を焼く火事が起きており、同署は関連も調べる。

 市消防局は16日午後、名島門の周辺に放火監視機器2台を設置する。センサーが炎を感知すると、音を出して威嚇し、周辺に火災発生を知らせる。

教会に消火器、ガラス割る 大阪(産経新聞)
日航 リストラ案を策定 二次破綻、回避なるか(産経新聞)
犬の糞処理で口論、男性突き飛ばされ死亡 男を逮捕(産経新聞)
「たちあがれ日本」旗揚げ=反民主、「第三極」目指す−平沼、与謝野氏ら5議員(時事通信)
強風 北海道で40.6メートル記録 秋田ではけが人も(毎日新聞)

四国こんぴら歌舞伎大芝居の開幕前に舞台げいこ(産経新聞)

 四国こんぴら歌舞伎大芝居(香川県琴平町、同大芝居推進協議会主催)が10日から開幕するのを前に、上演される琴平町の旧金毘羅大芝居(金丸座)で舞台げいこが行われた。

 公演は中村翫雀さんを座頭に、花形の市川亀治郎さんと片岡愛之助さんらによる一座が「義賢(よしかた)最期」「敵討(かたきうち)天下茶屋聚(てんがちゃやむら)」など4演目を演じる。

 けいこは、本番と同じ舞台と衣装で行われ、開幕に備えて所作などを確かめた。「義賢最期」で武将の木曽先生義賢を演じる愛之助さんは、組んだふすまの上に乗って倒れ落ちる「戸板倒し」など迫力ある立ち回りに取り組んだ。

 翫雀さんは「久しぶりに、舞台に立たせてもらった。客席を見ると、すごく雰囲気がいい。歌舞伎の魅力満載で、楽しんでいただけると思う」と語った。

 26回目の今年は10日から25日までの16日間、各日2回ずつの計32回の公演が行われる。

【関連記事】
米子のカッパロードに河童の三平像 鳥取
山口・防府天満宮で「筆まつり」
「二十四の瞳映画村」に12匹のこいのぼり
城下町に“夢の館” 鳥取で3日オープン
宮島で清盛まつり 厳島神社への武者行列再現
「中国内陸部の資源事情とは…?」

首相、公約修正に前向き 連合の見直し要望受け(産経新聞)
ビール類出荷、過去最低 1〜3月(産経新聞)
タイ衝突で死亡の村本さん遺族、バンコクへ出発(読売新聞)
たちあがれ日本「10議席目指す」 夏の参院選(産経新聞)
銀河団の成長とらえた=衛星「すざく」で−理研など(時事通信)

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化
債務整理無料相談
パチンコ攻略
カードでお金
2ショットチャット
モバイル ホームページ
selected entries
archives
recent comment
  • ふくせん、11月に一般社団法人に改組(医療介護CBニュース)
    リンデル (01/13)
  • ふくせん、11月に一般社団法人に改組(医療介護CBニュース)
    カドルト (01/08)
  • ふくせん、11月に一般社団法人に改組(医療介護CBニュース)
    道隆 (01/03)
  • ふくせん、11月に一般社団法人に改組(医療介護CBニュース)
    リョータ (12/25)
  • ふくせん、11月に一般社団法人に改組(医療介護CBニュース)
    晶太郎 (12/20)
  • ふくせん、11月に一般社団法人に改組(医療介護CBニュース)
    ゴンボ (12/17)
  • ふくせん、11月に一般社団法人に改組(医療介護CBニュース)
    ちょーたん (12/13)
  • ふくせん、11月に一般社団法人に改組(医療介護CBニュース)
    ポロネーゼ (12/04)
  • ふくせん、11月に一般社団法人に改組(医療介護CBニュース)
    機関棒 (11/26)
  • ふくせん、11月に一般社団法人に改組(医療介護CBニュース)
    XXまるおXX (11/23)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM